お知らせ



本部だより
移動機能

本部だより

記事データを表示できません。
支部だより
移動機能

支部だより

記事データを表示できません。
クラス会だより
移動機能

クラス会だより

記事データを表示できません。

カウンター

あなたは959838人目です。

お知らせ

会員の自由投稿
  タイトル 投稿者 卒業期 掲載日
 台湾 高雄 中国鋼鉄公司卒業生の近況
    その 1  2  3
  朱登雄  19期 溶接工学科  2008.7.13
 JICAシニア海外ボランティア活動紹介
    その 1  2  3
工藤忠久 2期 機械工学科  2008.4.11


掲示板

■お知らせ掲示板[根記事一覧]
スレッド表示へ
「台湾 高雄 中国鋼鉄公...(0件)メール画像nanohana2008/07/14(0票)

「台湾 高雄 中国鋼鉄公司卒業生の近況」−3

卒業してからもう26年目になましても鉄大生活での事はまるで昨日のことですね。

80‘ピア博覧会は神戸ポウトアイランドで開かれて、無人電車を印象深く感じました。

伊丹空港の騒音に影響された市民たちのデモとスローガン。

いくつかの冬日に高い奥山に行かなくて、単に惘昔世涼罎任盂阿棒磴降るのを見えたこと。

われら中国鋼鉄公司中国寶山などの派生に生活のほう、あるいは日本語の再教育を大学の先生の方々は一生懸命、熱心に指導していただいたこと。

惘昔世念譴靴腓棒験茲靴討い董△擦鵑个い汎欝蘋犬大変お世話をしてくれたこと、など

今でも頭に浮べ出ています。

特別実験での溶接物の疲れ破壊データを多く集めるために、二年後期からよく夜中に工場へ行ってその壊れるのを待って、実験片を取りがえたことは大変だったと、今、思い出します。

今回会長の来られたことを契機として、台湾の同窓会ができまして、同窓活動をより一層活発になるように、そのほか、白塔会本部の活動にも参加し、さらに各支部ないし韓国POSCO、中国寶山などの同窓生方との交流が進まれるようと

望みます。

左から朱登雄(投稿者)、会長夫妻
筆末しなから、暑い今頃に皆様に暑ご見舞い申し上げたいとおもいます。

溶接19 朱登雄 より     mailto:tsju@krtco.com.tw

2008.07.13投稿


 

 

 

 

 


「台湾 高雄 中国鋼鉄公...(0件)画像nanohana2008/07/14(0票)

自由投稿原稿

「台湾 高雄 中国鋼鉄公司卒業生の近況」−2

台湾の中国鋼鉄公司(CSC)は高炉4基、1971年創立1977年生産初め、2007年末まで全員およそ9000名で鋼品は約一千万ton/年、生産している。鉄鉱から冷延メツキまで一貫化の製鉄所であり、去年の年総営業額2080台湾元(約69us$)に達しました状態でございます。

 1980年第一次生(鉄大19期)を派遣してから今まで42名卒業生がおります。
その外一般生は、冶金20期台北の鄭建発君と同じく、冶金24期台中の陳顕達君の二名が居ます。およそ四十名のメンバは異なる場所、別々の工場で働いても、鉄大の看板を肩に負っておりましたので、自ら、悟って、かんばらなきゃあかんという気持ちで皆が精一杯仕事をしているはずだと、思っております。
 後列左から施(20S)、蔡(26M)、張(24S)、涂(19M)、李雨田(22S)、
  手前後向きは左から会長夫人、李福清(20E)ご夫妻 
実情としては一番成就のある卒業生は19期機械涂添水さんだといえます、涂添水さんが現在は自由自在であちこち忙しくコンサルトとしていております、時時ベトナムとか中国とか進出し暇があれば旅行とかゴルフをやるとかという日々を送っています。その上、最近は、自分で開発したポータブルなボートの生産にも携わっておられます。
19溶接朱登雄は6年前CSCの関係子会社で高雄地下鉄公司の機械関係の仕事をし、いま品質保証マネジャをしていて、白い髪が一杯よくがんばっています。
背の高い20期の冶金施世平さん、現在は高雄地下鉄公司で運営部門のマンタナスの主任をしています。
お酒の強い電気20期生の李福清さんは電気修理部門の副課長で、よくがんばっています。
25冶金張炳南はCSCから退職しまして高雄市労働局の主任秘書という官職になります。
26機械蔡滝徳(蔡水盛6年前高雄地下鉄会社へ伝職し総務のマネジャをしています。
26冶金蔡武雄は10年前理想的に伝道のため南アフリカへ移民しました。

その一方、お悔んで心痛ませるのは20期冶金梁進瑞さんと21期冶金黄明通さんは病気で亡くなりました。


 


「台湾 高雄 中国鋼鉄公...(0件)画像nanohana2008/07/13(0票)

「台湾 高雄 中国鋼鉄公司卒業生の近況」

2008年6月11日、われら鉄大白塔会会長の大和田大先輩が台湾へ来られました。暑い時節でしたが、わざわざと南に位置する高雄つまり中国鋼鉄公司所在地に、足を伸ばしていただきまして本当に我々後輩にとりまして、非常に感激と光栄と思っております。

友が遠くから来るのは嬉しいですが、会長が日本からこられたことは、我ら後輩は当然うれしく大歓迎の御礼を心から表わしたいと思います。 

会長は6/10台湾にいらしゃいまして、6/11午後台湾高鉄(=新幹線)で予定のとうり南の高雄にお着きになりましたのはもう15時半すぎ、20期の冶金施さんが先に駅で出迎えましてから、直ぐ郊外の名所佛光山へ観光にいきました。

当初は露天のレストランで歓迎コンペを開く予定ですが雨のため市内の南北楼という中華料理屋さんに移りました。原来、12名の後輩が出席する予定でしたけれど、終に8名が集まり、会長ご夫婦と一緒に10名でテーブルを囲みました。晩宴はおもに台湾風な中華料理で午後7時から9時半ごろまで、中々よい雰囲気で 会長は親切に先生と先輩と友達とも見えると立場でみんなとお話し合いをなされました。本当に楽しい宴でした。

後列右から朱(19W)、張(24S)、蔡(26M)、施(20S)、涂(19M)、李雨田(22S)、
  李福清(20E)ご夫妻    前列は大和田会長夫妻  
/12は午前に、高雄市内の市場、西子湾、左営蓮池潭を見学案内して新幹線駅までお見送りしました。

会長のお話によりますと現在、大学の経営はちょっと困難があったようです、というのは学生数が減っているわけです。原因としては少子化と就職人口が増えたことなのです。

その他、先生方々の現状につきましてもよくご存知で、機械の渡辺、冶金の岩井先生、

電気の神出先生、溶接の菊池先生、化學の水野先生と小林先生、物理の遠山及び学生部の

二ノ宮先生 方々はもう退官されたということをお聞きしました。

会長は去年にのPOSCOの支部会議にもご出席されまして、韓国支部は活動が大変盛んで非常にご活躍されていると褒めてお話をされました

台湾も同窓会活動に役立つために白塔会支部を組み立つようと、会長はこういうご希望でした。

鉄大卒業生、皆は別々の部門で仕事をしておりますので、普段話し合いの機会があんまりありませんのが実情です。会長が来られたことによって我々後輩は一緒に食事をしながら気軽く話し合う機会を作っていただいてほんとうにありがとう御座いました。
 

「台湾 高雄 中国鋼鉄公司卒業生の近況」-2 に続く
 

 


JICAシニア海外ボランティ...(0件)画像nanohana2008/07/13(0票)

ボランティア活動 その3

      実態調査

漏水が至る所にある。(工事現場、家庭、公共場所)

 

 


計器周辺多いが検針員も無関心

 

          

至る所で 配管をバイパスして盗水されている。

 

 


料金の未払いも多い事が判明。

その結果基に

市内パトロール班新設

 

 

 

 

   

   

まとめ 短期の活動で 4%改善し、日本円で6000万円もの改善効果だせた。 



JICAシニア海外ボランティ...(0件)画像nanohana2008/07/13(0票)

 

JICAシニア海外ボランティア活動紹介 その2

 
   

 

   

   

   



JICAシニア海外ボランティ...(0件)画像nanohana2008/07/13(0票)

JICAシニア海外ボランティア活動紹介 その1          工藤 忠久

 

   

 

 

  

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 


スレッド表示へ